ホーム  >  BLOG  >  お得情報  >  日当りの いい方角 が 南向き とは限らない 悪い方角 の定義とは

日当りの いい方角 が 南向き とは限らない 悪い方角 の定義とは
カテゴリ:お得情報  / 投稿日付:2019/12/24 13:25

賃貸を決める上で重要視する人が多い、「日当り」。本当に大事な方角がどこかがわからない方へ。実は人それぞれ日当りに対する価値観が違います!


目次

1 南向き
2 東向き
3 西向き
4 北向き
5 まとめ




いきなりまとめ


早速ですが、方角ごとのメリットデメリットをわかりやすくまとめました。




南向き


1日を通して日当りがいいのが南向きの最大の特徴です。
10人中8人は、南向きがいいというかたがいるぐらいだと思います。ですが、以外と知られていないのが競争率が高いが故にあるデメリットです。

まずは、何といっても競争率が高いため、お部屋探しの必須条件に南向きを入れると、いきなり物件の選択肢が1/4(25%)になります。そこから2F以上、バストイレ別という項目を入れていくと、ほとんどゼロになります。また、もしその競争力に勝って、日当りが良い物件に入居しても、太陽が南に位置しているのは、せいぜい12-15時ぐらいです。

学生の方、社会人の方は1週間あるうちの何日、この時間帯を室内で過ごしているでしょうか


家賃相場が少し高くなることも踏まえて、必須条件に入れる必要があるかというのは疑問です。
また、東京は一区画に対しての、建物密集度合が高いため、仮に南向きでも都心では日が入らないということはザラです。

とはいえ、日当りがいいに越したことはないため、おすすめ度合としては★3つです。



東向き


太陽光の赤外線は血管を広げ筋肉や神経の緊張を解きほぐし、紫外線はビタミンDを作り殺菌作用や新陳代謝を高めると言われています。

朝日は、どんなに忙しい方でもその日一日のスタートを切るエネルギーのため、重要視される方が多いです。また、体内時計をリセットする効果もあるため、寝不足や時差ボケしている方には効果的です。
とはいえ、これは昼間の時間帯で活動する方の場合です。

夜職(所謂ナイトワーカー)の方には、体内時計がリセットされたら最悪です。
仕事中に眠くなってしまう状態になるため、その方々にはおススメしません

また、南向きほどではないにしろ、家賃相場通りかそれ以上になるため、予算がしっかり決まっている方は、東向き必須などのフィルターをかけないほうがいいです。



西向き


暑い暑いと嫌悪感を持たれる西日が入る西向き。でもあまり、厄介者扱いしないでください。

なにより、家賃が安め。

そして、夜寒くなる前の時間帯でも、太陽光が入るため、室内はポカポカです。早朝出社の、夕方仕事終わりの方や、同時間帯が活動時間帯の学生さんは、西向きがベストです。

それと、たしかに眩しいですが、あのオレンジに染まったセピア感が好きという方も結構いるようです。
家賃も少しお安くなるため、不動産屋さんとしては、オススメ度合は高いです。



北向き


一日を通して日当りが悪い北向き。なにかと人気がありません。南向きや東向きとは違い、全て逆の作用を及ぼすためです。

北向きというだけで、躁うつ病や体調を崩す人もいるほどです。大げさではなく、実際に、地方在住の方で、東京へ上京される方を中心に多く見受けられます(もちろん全員が全員そうなるわけではなく、ごく少数のご意見です)。


ですが、これらのデメリットを改善する方法はあります。

まず、考えるべきはそもそもデメリットなのかどうかということです。日中ほとんど家にいない方は関係ないですし、寒さよりも暑さが苦手な方(東北出身、北海道出身に多い)は北向きでも差し支えないと思います(偏見ではありませんよ!)。

本題として、バルコニーに白砂(はくさ)や白い石を置くといいです。

昔の日本であった風習で、北向きの暗がりを解消するため、庭に白砂を引いていました。白砂を敷くことで、少ない太陽光でも反射して室内を明るくする効果があるためです。


とはいえ、この白砂もお金がかかるDIYのため、近年は白型タイルを敷いて簡易的な反射板をつくることもあります。






まとめ


日当りの良し悪しは、一人ひとりの生活習慣によって決めたほうがいいというのがポイントです。
必ずしも誰かの良さが自分の良さと一緒ではないということです。

代表の私は、「東向き」をお部屋探しの条件の必須事項としています。
理由は上記記載の内容の通りですが、必須項目としては絶対に譲れないため、お部屋の広さや駅からの距離は妥協しています。

全ての条件が適ってしまうお部屋に住んだら居心地よすぎて、出不精になってしまいそうです 笑
そこにかける家賃予算があれば、少し削って貯蓄に回す努力をします。

皆さまにもぜひ一度「日当り」について再考いただきたいと思います。

ページトップへ