ホーム  >  BLOG  >  水商売の方向けコラム  >  夜職と昼職を掛け持ちしているけど、賃貸の入居審査はどっちでかける?

夜職と昼職を掛け持ちしているけど、賃貸の入居審査はどっちでかける?
カテゴリ:水商売の方向けコラム  / 投稿日付:2021/06/20 16:28

昼と夜の仕事を掛け持ちしている場合に、入居審査にはどちらの職業で審査をかけるべきか?
(この記事は、約4分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 昼職がメインなら昼職で審査をかけるのがベスト

2. 夜職がメインの場合は、専門の不動産屋に相談を
     2.1 審査のゆるい保証会社、管理会社の物件を紹介してもらう
     2.2 自社管理物件を紹介してもらう
     2.3 アリバイ会社を利用する
     2.4 相談する不動産会社を変えるのも手

3. まとめ






お問合せフォーム



1. 昼職がメインなら昼職で審査をかけるのがベスト


 

少なくとも昼職がメイン(収入が夜職よりも多い)であれば、昼職で審査をかけることをおススメします。

夜職をしていることは通常なら審査上ネックになりますが、たとえ夜職を掛け持ちしていたとしても、昼職のほうで審査をかければ保証会社や管理会社にバレることはまずありません。

昼職が派遣社員だっとしても、正社員に比べて大きく不利になるケースはそんなにありません。

きちんと昼職の会社から収入証明書を発行してもらうことができれば、特に何の問題もなく審査を通すことができるでしょう。(もちろん、収入に対して適正な家賃の物件であることが前提です。)

 

 

2. 夜職がメインの場合は、専門の不動産屋に相談を





では夜職がメインの場合はというと、通常の審査をかけてしまうとNGが出てしまう可能性が高いです。

一般的に、夜職についている人は賃貸の審査のハードルが上がってしまいます。

 

賃貸の審査には大家さんや保証会社が行いますが、物件を貸して家賃収入を得る側の立場からしてみれば、夜職は

 

・収入が不安定

・昼夜が逆転するので、近隣住民と騒音トラブルになる可能性がある

・金遣いが荒く、家賃を滞納する可能性がある
・喫煙者が多い
・社会常識がない

 

というイメージが根強く残っています。

 

実際、夜職皆が皆そういった問題を起こすわけではありませんが、賃貸物件の大家さんは年齢層が高い人が多くそういった印象が強いので、審査が厳しくなってしまうのは仕方のないことなのです。

そこで、弊社のように審査に通りにくい方を専門にした不動産会社や、水商売専門の不動産会社に相談するのがお部屋を借りる最短ルートになります。

以下は、実際に入居審査を通すうえでの具体的な戦略をいくつかご紹介しています。



✓審査のゆるい保証会社、管理会社の物件を紹介してもらう
物件の種類によって保証会社や管理会社は全く異なります。

また、ポータルサイト等のインターネットの情報ではどこの保証会社を利用するかまでは分からないため、ノウハウのある不動産屋に相談しながら決めていくのがベストです。


✓自社管理物件を紹介してもらう
自社管理物件とは、不動産屋が大家さんから直接依頼を受けて自ら管理している物件のことです。

一般的に知られている不動産屋は物件の仲介(オーナーと借主の間に入って賃貸契約を交わす)がメインになりますが、中には管理物件を持っている不動産屋も存在します。

自社で管理を行っている場合だと、管理会社の審査ステップをスキップできるため余計な審査をかけずに済みます。


✓アリバイ会社を利用する

アリバイ会社とは、ペーパーカンパニーなどを利用して、その会社に勤務しているように偽装してくれる会社のことです。会社の在籍証明や給与明細なども発行してくれます。

サービスによって料金はまちまちです。
例えば、かなりハイクラスの会社の高年収社員に偽装するサービスを提供しているアリバイ会社はかなり高額な料金がかかります。

また賃貸審査の際には、勤務先に確認の電話がいくことがありますが、そういった電話対応の代行などもやってくれます。

安いアリバイ会社に頼んでしまうと、電話確認の際にバレてしまい、審査落ちになってしまうことがあるので注意しましょう。

アリバイ会社を利用するかどうかも費用感を確認しながら不動産屋とよく相談して決めましょう。昼職に転職してしまう、またはその転職先の内定通知書を取得さえしてしまえばアリバイ会社を使わずとも審査を通せるケースもあります。 

 

✓相談する不動産会社を変えるのも手
相談先の不動産屋がイマイチ信用できないときは、思い切って相談先を変えてみるのも有効です。

不動産屋にも、得意・不得意な分野があるため、もしかしたらあなたに当てはまる物件や保証会社に関する知識が不足している可能性があります。






4. まとめ


お部屋を借りるための最短ルートは、専門会社に相談することです。

私たちエース不動産は、審査が厳しい人でもお部屋が借りられるノウハウを蓄積してきました。お部屋探しでお困りであれば、いつでもご相談ください。

   このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ