ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  賃貸 審査 に落ちる 確率 はどれくらい?平均値と弊社の実績を比較してみました

賃貸 審査 に落ちる 確率 はどれくらい?平均値と弊社の実績を比較してみました
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2022/05/22 16:44

審査に不安な方必見!弊社がたたき出す驚きの審査通過率とは?

(この記事は、約4分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 一般的な審査で落ちる確率

2. エース不動産で審査に落ちる確率

3. 審査通過率を上げている具体的方法や理由
 3.1 ツテのある大家さんの物件を借りる
 3.2 自社で所有している物件を契約する
 3.3 審査の緩い保証会社と提携している
 3.4 営業スタッフが保証会社で勤務経験あり

4. まとめ





1.  一般的な審査で落ちる確率



 

まず、前提として「賃貸審査においてネガティブな要素がある」という条件で審査にかけた場合を想定します。例えば、「クレジットがブラック」「過去に家賃の滞納歴がある」「カードローンの滞納がある」などです。

一般的にこういった要素がある場合、審査に落ちる確率は75%~80%です。

(賃料は5万~15万程度の物件を想定。) 

つまり、ほとんどの確率で審査に落ちてしまうことになります。
そして1度審査に落ちてしまうと、その履歴は裏で共有されることが多いので、2度目以降の審査はどんどん望みがうすくなっていくだけです。


2.  エース不動産で審査に落ちる確率





弊社エース不動産で同じようにネックを抱えた方の審査通過率を、創業以来過去8年間の実績から算出すると、5%~8%程度です。

つまり、90%以上の割合で審査を通過し、無事に契約にまで至っているわけです。

これには大きな理由があります。
エース不動産では、審査に”ネック”がある方でも審査に通過できるようノウハウを蓄積してきたからです。

弊社が行っている、審査が厳しい人でも突破できる具体的な方法を以下で述べていきます。

 

3. 審査通過率を上げる具体的方法

 

✓ツテのある大家さんの物件を借りる
付き合いの長い大家さんだと、これまで積み上げてきた信頼があるため、多少ネックがあるお客様でも目をつぶって審査を通してくれます。

ラフな言い方をすると「顔パス」のようなものです。
これまで数多くの大家さんと関係を築き上げてきた関係性があるからこそできるわけです。



✓自社で所有している物件を契約する
弊社は、物件を仲介(大家さんとお客様の橋渡し)をするだけでなく、自分たちで物件を保有して管理まで行っています。
例えば、一棟アパートや戸建て、区分マンションなど物件の種類はさまざまです。

つまり、自社が大家さんとして物件を貸し出して契約することも可能です。

この場合、審査基準は自社の一存で決めることができるため、他社の管理会社や保証会社の審査をかけることなく契約することが可能です。

余計な審査をかける必要がない分、ご来店から最短3日で入居、といったスピード感での契約も可能です。



✓審査の緩い保証会社と提携している
弊社では通常より審査の緩い保証会社と複数社提携しています。
審査が緩いとは、過去の家賃の滞納歴などを見ない、カードブラックでもOKなど。

たとえ1社落ちたとしても、複数社提携しているため、申請先の会社を変えてリベンジすることも可能です。



✓営業スタッフが保証会社で勤務経験あり
弊社の営業スタッフは全員、過去にどこかしらの保証会社で勤務経験があります。
そのため、審査の過程で見られるポイントを熟知しています。


お客様一人一人のバックグラウンドや審査ネックに合わせて、審査突破への戦略を練ることが可能です。

 


4. まとめ


不動産の審査に不安がある、困ったことがあるときは専門の不動産会社に相談するのが一番の近道です。
ただ、そういった専門会社は数少ないのが現状です。

もし審査でお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。


↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

ページの上部へ