ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  個人事業主の賃貸 審査対象は所得?それとも収入?審査基準を明快に解説

個人事業主の賃貸 審査対象は所得?それとも収入?審査基準を明快に解説
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2021/03/07 17:06

個人事業主の収入面の審査は何を見られる?よくある疑問にお答えします

(この記事は、約3分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 個人事業主の審査対象は「収入」

2. 家賃収入や株式配当金は審査対象に含まれる?

3. 資産状況にも注意!

4. まとめ






お問合せフォーム

↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加



1. 個人事業主の審査対象は「収入」


 

個人事業主が入居審査をかける際に、審査対象になるのは「収入」です。
この数値が家賃の3倍以上あるかが一つの目安になってきます。

よく、所得なのか収入なのかという質問を受けますが、

収入 − 必要経費 = 事業所得

という計算式が成り立ちます。

つまり、個人事業主は収入(≒売上)の額が対象になります。
以下の確定申告書のフォーマットでいうとに記載される金額です。





2. 家賃収入や株式配当金は審査対象に含まれる?



結論、家賃収入や配当金は収入として見てもらえないと考えてください。

ただし、家賃20万を超えるようなタワーマンションなどの高級物件の場合、収入が基準に届かないときに不労所得資産(=不労所得を生み出すストック資産)を示すことで審査を有利に進めることができます。

具体的には、株式・債券・外貨為替・不動産の権利書などです。

 

家賃の支払いが厳しくなっても、最悪そういった資産を売却して現金を作ることができますよ、という証明になります。

 

 

3. 資産状況にも注意!


「元入金(=資本金)」という言葉知っていますか?

元入金=資産額 - 負債額

で計算される金額です。

 

「資産」とは、現金、預金、売掛金、減価償却費(車や機械等)などのことをいい、一方「負債」とは銀行借入金、買掛金、未払金、預り金などをいいます。

例えば、資産300万、負債200万であれば、元入金100となり「資産超過」という状態になりますが、資産200万、負債300万であれば、元入金がマイナス100万となることから「債務超過」となります。



もし債務超過の場合、賃貸審査はかなり厳しいものになります。
「利益が黒字だから審査に通るだろう」というのは皮算用です。

元入金の額を計算したうえで、自分が債務超過でないかどうかは事前に確認しておきましょう。

 

 

4. まとめ


サラリーマンに比べて個人事業主やフリーランスは入居審査のハードルが各段に高くなります。

「何度審査をかけても通らない!」という人も、「これから物件探しをするけど、審査が不安だな…」という人も、私たちにご相談いただければ審査通過方法をお伝えします。物件探しでお困りのことがあれば、ぜひ一度ご連絡ください。

 

↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。


ページの上部へ