ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  【動画で解説】無職でも賃貸物件を借りる方法とは

【動画で解説】無職でも賃貸物件を借りる方法とは
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2021/07/31 10:59

業界のプロが解説!貯金なし、フリーター、無職でも賃貸の入居審査に通る方法




普通では入居審査が通らない貯金なし、フリーター、無職。今回の動画では審査の抜け道を解説しています。


この動画の要約

◆無職でも賃貸を借りる方法

1. 大家さんが無職でもOK、かつ保証会社に加入しないでいい物件
2. 審査が緩い物件を紹介してもらう
3. 預貯金審査をしてもらう


「無職ですが、賃貸を借りれるのでしょうか?」というご相談は当店でもよく受けます。

もちらん、無職の人は審査が通りづらいです。
確率論でいうとその審査通過率は10%程度です。

しかし、上手く専門の不動産会社に頼れば、無職でも物件を借りることができます。




無職でも賃貸を借りる方法


1. 大家さんが無職でも入居OKを出して、かつ保証会社に加入しない物件を選ぶ

 

入居審査は、大家さんが許可を出してくれれば入居できます。
なぜなら物件は大家さんの持ち物だからです。

入居審査というのは保証会社の審査がほとんどの割合を占めます。

まず、大家さんは審査を「管理会社」に依頼します。
でも「管理会社」は物件管理や入居者管理が仕事なので、審査業務がメインではありません。
そこで審査業務を「保証会社」に依頼します。


つまり、大家さん⇒管理会社⇒保証会社という順に審査業務が委託されるため、最終的に審査は「保証会社」が請け負うことになります。

保証会社の審査の中身は、ほぼ「家賃を払い続ける能力があるか?」がメインの審査基準になります。
当然、無職では家賃の支払能力はないとみなされ否決されることがほとんどです。

そこで保証会社の審査を受けなくてもいいようにするには、大家さんが入居許可を出して、そもそも保証会社に加入しないでいいよという物件を選べばいいのです。

そういう物件はあることにはあるのですが、数は少ないです。
保証会社へ加入しないでもいい物件は、割合として、都内の物件の1%にも満たないです。
だから、100部屋あっても1部屋ない割合です。

保証会社の加入が必須かどうかは、ネットの情報欄にも書いてあることはありますが、そもそも保証会社不要物件がめずらしいため、自分一人で探すのは骨の折れる作業です。

スムーズに物件を探したいのであれば、専門の不動産会社に相談するのが一番の近道です。

 



2. 審査が緩い物件を探してもらう

審査が緩い物件というのは「保証会社」と「管理会社」と「大家さん」が審査が甘い物件のことです。

ちなみに、普通の人が、インターネットにある物件情報でこれを見つけるのは至難の業です。
なぜならネットの情報欄には「保証会社」と「管理会社」と「大家さん」の情報が書いてないからです。

例えば、有名な不動産ポータルサイトのHOME'Sの物件情報の一例を見てみましょう。
管理会社や保証会社の名前くらいは載っていることもありますが、どういう審査基準(職業、収入、年齢制限、人柄など)で審査をされるかは完全に非公開です。





なので、審査が緩い物件をピンポイントで探す方法は、
 ①審査に強い不動産会社のHPに掲載されている物件情報を見る
 ②その会社に直接物件探しを依頼する

がベストです。


ちなみに、不動産屋さんのHPに掲載されている物件はごくわずかです。
自分の希望するエリアの物件情報がなければ、直接連絡して聞いてみましょう。



3. 預貯金審査をしてもらう

収入がなくても、家賃を払える根拠を見せれば保証会社を納得させることができます。
それが「預貯金審査」です。

「無職」だけれども預貯金があるとはどういう状況か?
例えば、仕事を辞めて、手元の預貯金を切り崩しながら次の職場を探そうとしている人です。

当面の資金は頑張って貯めた貯金でまかなおうとすると思います。

預貯金審査は、銀行口座にちゃんとお金が溜まっていることを証明するため通帳のコピーを審査時に保証会社へ提示する審査手法です。



ただし、預貯金審査の目安は、借りようとしている物件の家賃23-36カ月相当です。
つまり2,3年分は溜めておかないと厳しいわけです。

仮に家賃が7万円だとすると、168万~252万円が必要です。

それでも、数百万単位のお金が入っている通帳は信用力が高いため審査通過の可能性は一気に高くなります。

仕事をやめようか考えている人で、もう少し頑張ればお金を貯められるっていう方や、あと3か月頑張ればボーナスが入るっていう方はもうちょっと頑張ってみましょう!



ここで、一点注意があります。

「見せ金」は効力が低いです。

見せ金とは、預金残高を高く見せるために、どこかの口座から一時的に資金を移動させたお金のことです。

通帳には、振り込まれた日付と金額が記録されます。
これが、一度に数百万の金額が振り込まれている場合、「見せ金」と思われてしまう可能性が高いです。

ちゃんと貯金をしている人は月々すこしづつ溜まっていくのですが、一度に大きな額が振り込まれている場合は審査担当も「あれっ?」と思ってしまうわけです。

これでもいいという保証会社はありますが、NGという保証会社もあります。
とはいえ、預貯金残高が少ないよりはマシです。


ちなみに、他のブログでも無職の方が審査を通す方法、アリバイ会社とは何か等説明していますので、
ぜひ読んでみてください。




まとめ


お部屋を借りるための最短ルートは、専門会社に相談することです。

私たちエース不動産は、審査が厳しい人でもお部屋が借りられるノウハウを蓄積してきました。お部屋探しでお困りであれば、いつでもご相談ください。






お問合せフォーム



↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加



   このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ