ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  バックレ厳禁!家賃滞納で保証会社のブラックリストに載るタイミングとは

バックレ厳禁!家賃滞納で保証会社のブラックリストに載るタイミングとは
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2021/10/08 21:14

家賃を滞納しただけではブラックリストには入りません。ブラックリスト入りする本当の理由とは

(この記事は、約3分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 家賃滞納 = ブラックリストではない

2. 家賃が遅れる場合の対処法
   2.1 保証会社からの電話は必ず応答する
   2.2 事前に管理会社または大家さんに連絡しておく
   2.3 早めに家賃を振り込んでおく

3. まとめ





お問合せフォーム

↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加



1. 家賃滞納 = ブラックリストではない




「少しでも家賃の支払いが遅れてしまうとブラックリストに載ってしまうのでは?」とか、「強制退去になってしまうのでは?」と心配されている方がいらっしゃいますが、実はそんなことはありません。

もちろん長期にわたる家賃滞納(一般的には3か月)が続けば強制措置の対象になりますが、
家賃の支払いが遅れたという事実よりも、そこに至るまでの過程を見られていることが多いです。

家賃の支払いがなければ、保証会社(または管理会社)は必ず賃借人に連絡を入れます。
そして賃借人に連絡が取れなければ緊急連絡先に連絡をします。


仕事で忙しいときや連絡のつながらない場所に旅行に行っているなどの事情があったとしても、何日も連絡が取れず折り返しの連絡もないと、明らかに意図的に連絡を無視をしていると捉えられてしまいます。


この音信不通状態が続いた場合、ブラックリスト認定されます。


家賃保証会社というものは会社間で賃借人の情報を共有していることが多く、一度ブラックリストに載ると他の保証会社でも審査を通すことが非常に難しくなります。

つまり、保証会社の連絡を無視することは将来にわたって自分の首を絞めていることに他なりません。

 


2.  家賃が遅れる場合の対処法




 ✔保証会社からの電話は必ず応答する
最低限のルールとして、保証会社や管理会社からの連絡は必ず応答するようにしましょう。
すぐに電話に出られなかったとしても、その後に必ず折り返しの連絡をすることを忘れずに。

どれくらい賃借人と連絡がつながらなければブラックリストに載るかは保証会社によってまちまちです。
しかし、携帯電話を3~4日ずっと見ないというのは普通では考えられないので、それくらいの期間連絡が取れなければ意図的に連絡を無視していると思われても仕方ありません。

保証会社から電話がかかってきたらその日中には折り返すようにしましょう。
また、事前に管理会社や保証会社の連絡先を登録しておくと連絡がスムーズになります。

 ✔ 事前に管理会社または大家さんに連絡しておく
家賃の支払い時期はだいたい月末あたりですが、今月払えそうにないなというのが事前に予想できた時点で早めに家賃の支払いが遅れることを連絡しておきましょう。

その際に必ず支払い期日を伝えておくことで、たとえ支払いが遅れたとしてもブラックリストになることは回避できます。(もちろん、設定した期日内に振込みを済ませることが前提ですが)

 ✔ 早めに家賃を振り込んでおく

何らかの事情があって期日に振込みをすることができない場合、前もって先の家賃を支払うことも可能です。

大家さん側にとっても期日より早く家賃を回収できるわけなので、安心感を持ってもらえます。



↓↓審査突破のコツをYouTube動画でも解説しています↓↓



3. まとめ


家賃の支払いが遅れたうえに保証会社からの連絡を無視し続けると、ほぼ確実にブラックリストに載ることになります。最低限のマナーとして、そういった連絡にはきちんと対応しましょう。

もし入居審査で分からないことや、審査に不安がある方はぜひエース不動産へお気軽にご連絡ください。

 


↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ