ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  失業保険受給中、貯金なしでも賃貸 の入居審査に通過する方法とは

失業保険受給中、貯金なしでも賃貸 の入居審査に通過する方法とは
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2022/01/09 16:59

定職を失い、無職で貯金なし。それでも審査に通る物件の見つけ方と審査突破のポイントとは?

(この記事は、約4分で読めます)



無職の方でも賃貸の審査が通る物件はあるのでしょうか?

結論としては、あります。ただ、借りられる物件数はかなり限りがあるので、審査を通すためにはポイントがあります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 無職だと審査に通過する確率は低い

2. 入居審査の通過率アップのための対策
   2.1 条件を守ってアルバイトをする
   2.2 求職中だという意欲をアピールする
   2.3 物件の条件はある程度割り切る

3. 審査に通りやすい物件を探す方法
   3.1 審査がゆるい物件を専門に扱う不動産屋に相談する
   3.2 不動産会社から直接物件を借りる
   3.3 初期費用を分割できる店で契約する


4. まとめ






1. 無職だと審査に通過する確率は低い



一般的に、無職の場合は入居審査に通過する確率は限りなくゼロに近いと言っても過言ではありません。


大家さんの立場に立ってみれば、収入源のない人に物件を貸すのは言うまでもなく家賃滞納のリスクでしかないからです。

ただ、昨今の新型コロナの影響や、不本意な会社の経営状況の悪化によって、自分の意思関係なく退職を余儀なくされるケースもあります。

たとえ今は職を失っているとしても、前を向いてポジティブに職探しや物件探しをしている人には耳を傾けてくれるところは必ず存在します。


今回の記事では、そんな状況下で物件探しをする方が少しでも入居審査の通過率を上げ、住まい探しを成功させるためのポイントを挙げてみました。


2. 入居審査の通過率アップのための対策



条件を守ってアルバイトをする
失業保険は完全に失業中でないと受け取れないと思われがちですが、実は失業保険の給付期間中でもアルバイトをすることは可能です。

これにより、失業中でも失業保険 + アルバイト収入が確保できるため、収入面で入居審査を有利に進めることができます。

ただし、その場合には行政が定める一定のルールを守る必要があります。

 

守るべきルールとしては、それは以下の3つです。

  • ・失業保険の待期期間(7日間)は働かない
  • ・勤務時間は1日4時間以上、週20時間未満
  • ・必ずハローワークへ申告する


定職に就いたとみなされない程度に日数を収めなければ、「あなたは再就職した」とみなされ、受給停止になってしまう恐れがあるため、事前にハローワークに相談するのが望ましいです。

また、ルールに違反しなければアルバイトだけでなく派遣社員として収入を得ることも可能です。



求職中だという意欲をアピールする
無職であっても、前向きに就職活動をしている人は審査に通してもらえる可能性が上がります。
審査を行うのも人間ですから、収入金額だけではなく人間性や意欲も見ています。

「この人であれば、すぐに就職先を見つけるに違いない」と思ってもらえれば、いま現在は無職であったとしても将来性を見込んでもらえることが多いです。


✓物件の条件はある程度割り切る
無職で審査に通る物件は都内なら全体の1割もないというのが正直なところです。

あれこれ物件に条件を付けて探していると、いつまで経っても審査に通る物件に巡り合えないまま時間だけが過ぎていくことになります。

駅距離、独立洗面台、広さ、向きなどの物件条件を付けるのは最低限に抑え、ある程度は妥協して割り切ることが物件探しの最短ルートです。


 

3. 審査に通りやすい物件を探す方法



審査がゆるい物件を専門に扱う不動産屋に相談する

有名な物件ポータルサイト(SUUMOやアットホーム)で出てくる物件や、よく駅前にある不動産屋さんの店舗は、審査にあまりネックがない人向けの物件を紹介しています。

具体的に言うなら、定職に就いていて収入がある、初期費用も払える、保証人がいる等の条件がそろっている方向けなのです。

一方、入居審査にネックがあり普通では審査に通らない方専門の不動産会社もあります。
弊社エース不動産もそのうちの一社です。

失業中の方は後者に該当しますので、目についた店や物件に飛びついて審査をかけてしまうと無駄打ちどころか、審査にキズを付けることになりません。
(一度審査に落ちると、その履歴は他社にも共有されることになります。)

つまり、はじめから審査に強い不動産に行って、見合った物件を紹介してもらい審査をかけるのが一番早い
方法なのです。


✓不動産会社から直接物件を借りる

通常の賃貸借契約では、不動産会社が仲介として間に入り、大家さんと借主の直接契約になります。

 

その方法だと、保証会社や管理会社などの審査ステップを踏むことになります。

審査の中で、これは怪しいなと少しでも思われてしまったら審査落ちの可能性が高まります。

 

なので、なるべく審査をかけない方法を取るのが賢明です。

 

弊社が取れる方法としては、

 

① 弊社が付き合いの長い大家さんから物件を借り、弊社と賃貸借契約を結ぶ

② 弊社が所有する物件で契約する

 

という2通りの方法があります。

 

① は簡単に言うと弊社が間に入って物件を“又貸し”するという形になります。

こうするとで、お客様は弊社以外で余計な審査をかけることなく物件を借りることができます。

 

これができるのも、弊社が長年かけて物件オーナー様と信頼関係を築いてきたからこそなのです。


また、弊社では保証会社機能も兼ね備えているため、他の保証会社に審査をかけることなく、自社の判断だけで審査を通すことができます。


初期費用を分割できる店で契約する

同じ物件を契約するにしても、相談先の不動産屋さんによっては初期費用の分割払いが可能なことがあり、イニシャルコストを割安に抑えることが可能です。



ただし、当然分割払いをOKしてもらうためには不動産屋に信頼してもらわないといけません。
しかも分割払いの回数が多くなるほど、信用できる人でないとOKが出ません。


当然、信用できない人は分割払いはさせてもらえません。

例えば以下に当てはまるような人はNGです。

・過去に借金を踏み倒している等、お金遣いに問題がある

・態度が悪い、印象が悪い
・コミュニケーションに問題がある

などは対象外です。


4. まとめ


お部屋探しを成功させる最短ルートは、専門会社に相談することです。

私たちエース不動産は、審査が厳しい人でもお部屋が借りられるノウハウを蓄積してきました。

過去に保証会社に勤務していたスタッフも多数在籍しておりますので、お客様へ最適なご提案が可能となっています。

一度審査に落ちたからといって、諦めないでぜひご相談ください。

 


↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

ページの上部へ