ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  よく聞く南向き希望 日当たりの重要性とは

よく聞く南向き希望 日当たりの重要性とは
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2022/03/19 10:37

南向きは本当に選ぶべき物件なのか気になる方位をお伝えします。

(この記事は、約3分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 方位を学ぼう

2. 方位の基準が何か

3. どういう物件を選ぶべきか

4. まとめ






1.  方位を学ぼう




一般的に良いとされている方位の順番をお伝えいたします。
南→東→西→北が良いとされている順番です。

理由としては南向きが朝から夕方にかけ、日が入り続けるからです。

しかし、10人が10人南向きが向いているかどうかが問題です。
皆様の生活リズムを考えてみると答えは単純です。

日は東から昇り、西に沈んでいきます。
また、夏は日が高く、冬は低いです。

日中、家にいるかどうかが答えです。


2. 方位の基準が何か



 

南向き

一番人気とされておりますが、1日中家にいるでしょうか?
現在、日本人は共働きが増えており、1日中家にいる専業主婦は減って
おります。



その為、なぜ南向きを選択したいかが重要となります。
もちろん日当たりが良ければ、洗濯物は乾きます。
しかし、都内の新しい建物は南側に建っていき、南向きでも目の前が
隣りの建物という事も多いです。

日当たりどころか、眺望が隣のマンション何て事も多いです。
地方で探す際は重要となりますが、都内で望むのは難しい場合が多いです。

大通り沿いで南向きという物件もありますが、排気ガスや騒音問題なんて
事も考えなければなりません。


東向き

朝日が入るので人気です。
良い目覚めで1日がスタートできます。
朝からお仕事の方や学生さん向きだと思います。

逆に夜職の水商売の方や夜勤が多いお仕事の方は選ばない方が良いでしょう。
朝方に帰ってきて、朝日が入るので目覚めてしまったり、眠りが浅く疲れが
取れなくて仕事に支障をきたすと大変です。


西向き

西向きは西日が入るので夕方に暑くなります。
お部屋にいても、西日がまぶしいという事も多いです。

日中、家にいない方や夕方や夜から活動される方にはお勧めです。
日中、学校やお仕事があり帰ったときに暖かいお部屋の可能性が高いからです。


北向き

北向きは一番がないです。
なぜなら日が当たらないとされているからです。



 

3. どういう物件を選ぶべきか

その方により、選ぶべき物件は異なると思います。
言えることは地方ではなく都内の物件選びであれば、方位よりも明るさを
重視することをお勧めいたします。

もちろん南向きで日当たりが良ければ、それにこしたことはないかもしれ
ません。

しかし、都内で建物が密集している為、日当たりが抜群に良いお部屋は
そんなに数多くは出ないです。

北向きの方が、目の前に建物がなく明るいお部屋が複数御座います。
南向きで日当たりがないお部屋よりも北向きで明るいお部屋を選択する
方がより良い選択肢となるでしょう。

 


4. まとめ


過去のお客様対応での経験談です。
方位の問題よりも明るいお部屋や風通しの良いお部屋を選択する事が第一優先とするべきだと思います。


なぜなら、目の前が建物で眺望も悪く、また風通しも悪いお部屋で過ごす

事により、室内にカビが生えたり、体調を壊す方が多いです。

南向きや東向きに絞っても良いことがないケースも御座います。

それぞれの方により異なりますので、是非一度ご相談下さいませ。
弊社の物件提案はその方にあったお部屋探しが可能です。
その方の生活リズムにあった物件のご提案や条件をおうかがいし
ご紹介が可能です。

お近くであれば、是非ご来店頂き、物件提案をさせて頂ければより
細かいお話が可能となりますので、いつでもご相談下さいませ。

 


↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

ページの上部へ