ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  賃貸 審査で貯金残高はいくら必要?貯金なしでも賃貸を契約する方法

賃貸 審査で貯金残高はいくら必要?貯金なしでも賃貸を契約する方法
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2023/11/05 14:37

貯金のない人必見!手元に貯金がなくても即入居できる賃貸物件を借りる方法とは

(この記事は、約4分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 基本、貯金残高は審査に影響しない

2.契約時にかかる費用は

3. 費用を抑える方法
   3.1 もともと初期費用の安い物件を選ぶ
   3.2 閑散期を狙う
   3.3 初期費用分割をする
   3.4 初期費用を借り入れる

4. まとめ





1. 基本、貯金残高は審査に影響しない


定職に就いている場合、通常は貯金残高を審査で聞かれることはありません。

収入の証明さえできれば、通帳にいくら入っているかも証明する必要はありません。


貯金があるかどうかの問題は、あくまで「初期費用」が払えるかどうかの問題になります。

極端な話、家賃に見合った収入があれば、
契約時に初期費用分だけ借り入れしてお金を作れば審査を通すことだってできます。
(借金があるかも審査では見られません)


ただし、無職の場合には預貯金審査といって貯金が家賃の1~2年分程度あるか?
問われることがあります。


 

 

2. 契約時にかかる費用は



一般的に初期費用の目安は1か月の家賃額の5倍です。


内訳としては敷金礼金前家賃仲介手数料保険料
保証会社を利用する場合は保証料その他引っ越し費用です。


一括して仲介会社へ支払うのが普通ですが、最終的なそれぞれの行先としては

・大家さんへ   : 敷金、礼金、日割り家賃、前家賃
・不動産会社へ  : 仲介手数料
・損害保険会社へ : 火災保険料
・鍵交換業者へ  : 鍵交換費用
・家賃保証会社へ : 保証料


となります。

このほかに、鍵の交換料害虫駆除代消臭費用などが発生するケースなどもあります。


これらがフルでかかってくれば家賃の5倍程度になるということです。

逆にいうと、どれかを安くできれば(もしくは無料にできれば)、費用を安く済ませることも可能です。

 

 

3. 費用を抑える方法


✓もともと初期費用の安い物件を選ぶ

例えばもともと敷金や礼金がゼロの物件というのがあります。

条件面があまり良くない物件には賃借人が付きづらいので、初期費用を安くしているのです。

例えば、都心から離れている、駅距離が遠い、築年が古い、日当たりが悪い、などです。


また、最初の1~2か月分の家賃を免除してもらえる「フリーレント」物件も狙い目です。

退去時の部屋のクリーニング費用も後払いの物件を選べば少しでも初期費用を抑えられます。

 


✓閑散期を狙う

不動産の閑散期はだいたい6~8月頃です。
この時期ではお客さんも少ないので、初期費用割引キャンペーンなど
さまざまなキャンペーンが打ち出されます。

また物件の動きも比較的緩やかなので落ち着いて物件探しをすることができます。


逆に、引っ越しシーズンとなる1~3月は繁忙期で物件の需要も高まるので、
キャンペーンなどはなかなかありません。

 

✓初期費用分割をする

不動産仲介会社にもよりますが、初期費用の分割に応じてくれるところもあります。

ただし何回まで分割してもらえるかは相談先の仲介会社にもよりますし、お客さんによっても異なります。

なぜなら、その人の信用度によって、どの程度大目に見るかが変わってくるからです。

一般的には初回に一括で払うのが原則なので、
あくまでお客さんに致し方ない理由がある、かつそのお客さんが信用に値する場合だけの
特別な対応となります。


なので分割払いを特別にOKにしてもらうためには不動産屋に信頼してもらわないといけません。

しかも分割払いの回数が多くなるほど、信用できる人でないとOKが出ません。



例えば分割払いNGは以下に当てはまるような人です。

・過去に借金を踏み倒している等、お金遣いに問題がある
・態度が悪い、印象が悪い
・コミュニケーションに問題がある

など


実は不動産屋の営業マンは、お客さんが来店したときから一挙手一投足を細かくチェックしています。
細かな行動、言動、服装などはすべて見られています。


最近ではリモートで接客しているケースもありますが、人となりを見極めるためにも
対面で接客した方でないと分割には応じないことが多いです。


もし初期費用の分割にしたいのであれば、店舗に来店して相談することをお勧めします。


✓初期費用を借り入れる

初期費用を一時的に借り入れ、その額を後で返済するという方法もあります。
消費者金融で借りるという方法もありますが、仲介会社が応じていることもあります。

分割払いと借り入れはほぼ同じですが、同様に人柄や信頼が重要なポイントになります。




4. まとめ


貯金がなくて審査が心配という方はとりあえず審査に出すのではなく、
審査に特化した不動産会社にまずは相談しましょう。

エース不動産では、お客様一人ひとりにあわせて最適なプランを一緒に検討してご提案致します。

 

この記事を書いた人

青木

業界歴 15年

15年間の不動産歴を元に、お客様へ最適なお部屋探しを提供いたします。上野で不動産経験が長いため、特に東側のエリアは得意です。 人生の思い出の1ページにそんなお部屋探しを目指します!



↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

ページの上部へ