ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  家賃滞納したままでも引っ越し・退去はできる?賃貸審査の抜け道とは

家賃滞納したままでも引っ越し・退去はできる?賃貸審査の抜け道とは
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2024/03/08 15:14

家賃を下げたいけど滞納中で引っ越しできるの?負のスパイラルから抜け出す、賃貸審査の抜け道とは
(この記事は、約3分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 家賃滞納中の新規賃貸契約は厳しい
 1.1 保証会社に滞納履歴が残る(ブラックリスト)
 1.2 まず手元にお金がなく初期費用が払えない

2. 引っ越し先の賃貸を探す方法
 2.1 保証会社の選択肢が広い不動産屋に相談する
 2.2 「独立系保証会社」に絞って探す
 2.3 物件オーナーに直接相談する(ジモティーなど)
 2.4 初期費用分割を相談する
 2.5 物件の条件を緩くする

3. 家賃滞納のまま退去した場合のリスク

4. まとめ 








1. 家賃滞納中の新規賃貸契約は厳しい



✓保証会社に滞納履歴が残る(ブラックリスト)

保証会社というのは、滞納者の情報を記録として残しています。
その記録された情報をどの程度共有し、審査のときに活用するかによって3種類のカテゴリーに分けられます。

それが「信販系」「信用系」「独立系」です。
保証会社が所属するカテゴリーによって、どの程度情報が共有されているかが異なります。

信販系であれば、CICやJICCとは、金融情報の個人情報保管機関に情報を登録するため、他の信販系はもちろん、他の金融審査が通らなくなります。
信用系であれば、1社がブラックリストに載ると他の信用系保証会社もNGになる傾向にあります。

【信販系保証会社の例】
・オリコ
・全保連
・エポスカード
など

【信用系保証会社の例】
・ジェイリース
エルズサポート
・日本セーフティ
・カーサ
など



✓まず手元にお金がなく初期費用が払えない

家賃を滞納しているくらいなので、おそらく手元のお金もカツカツでしょう。
賃貸の初期費用は一般的に家賃の4~5倍程度かかるので、そもそも引っ越しを考える余裕はないと思います。

ただ、うまく不動産会社選びや物件選びをすれば初期費用をグッと抑えることも可能です。



2. 引っ越し先の賃貸を探す方法 




保証会社の選択肢が広い不動産屋に相談する

 審査に強い不動産会社は、広い保証会社のネットワークを持っています。
これまでに審査が難しいケースの経験の蓄積があるため、こういう人はこういう物件でこういう保証会社なら通る、というデータベースがあります。

逆に、審査にあまり強くない不動産会社とは、一般的な不動産会社。
お客様も特に審査に難のない方が多いので、ふつうに審査をかければ通ります。

一番悲惨なのは、審査に難がある方が、一般的な不動産会社に相談したものの結局どこも審査に通らないというケース。弊社にはこういったお客様が数多く来店されます。

 

「独立系保証会社」に絞って探す

つまり、他社の保証会社でどんな事故歴があろうと、審査には影響しません
ただどの物件が独立系の保証会社が利用できるかはSUUMOやHOME’Sなどのポータルサイトでは確認できません。


物件オーナーに直接相談する(ジモティーなど)
物件のオーナー(大家さん)に直接交渉できることもあります。
ジモティーなどのサイトで掲載されている物件だと、オーナーが格安家賃で掲載している物件もあるので、直接自分で交渉して契約することも可能です。



初期費用分割を相談する

当然、手持ちがなければ初期費用を払うこともできませんが、初期費用分割に応じてくれるところもあります。

ただ、信頼できるお客様への特別対応といった対応になるため、リモート接客だけで来店していない方や、態度が横柄だったりスムーズなやり取りができないと判断されてしまえば、不動産屋は分割払いには応じてくれません。

きちんと来店したうえで、自分は信用ある人間だということをアピールすることが必要です。


物件の条件を緩くする

家賃を安く抑えるならある程度の物件の条件は我慢しないといけません。
築年数・駅距離・広さや間取り・日当たりなど、人によって優先順位は異なりますが妥協できるところは妥協することが必要です。

 


3. 家賃滞納のまま退去した場合のリスク


納した家賃の請求は、大家さんではなく保証会社から来ます。

保証会社は、入居者が家賃を払わない場合に大家さんに対して家賃を保証することが役目です。

保証会社からの請求には、滞納した家賃に加えて、遅延損害金も加えられることになります。

遅延損害金とは、滞納した日から発生するもので、損害賠償金のようなものです。上限は年率14.6%と定められており、放っておくとかなりの負担となります。

家賃滞納には5年間の時効がありますが、時効はほとんど成立しないでしょう。保証会社に対して支払いを行う意思を伝えたり、一部返済したり、訴訟を起こされるだけでも、その時点で時効は振り出しに戻ってしまいます。


また訴訟まで発展した場合、その判決には債務を履行させる強制力があります。裁判所の支持に従わず支払いを拒否すれば、差押えという最終手段が取られることもあります。


また返済方法は基本的に一括返済となります。
なぜなら、借りがあるまま引っ越すということは、そのまま行方が分からなくなる・音信不通になる(事実上の夜逃げ)に可能性が圧倒的に高いからです。

ただ場合によっては分割払いにも応じてくれるケースもあります。

滞納者の中には、一括返済が出来ないことを理由にして、返済を先延ばしにして遅延損害金が膨らんでいく、という人もいるようです。可能な限り短期間で支払ってしまうのが良いでしょう。


 

4. まとめ


エース不動産はこれまで、家賃滞納歴のある方でも数多く無事に契約まで導いてきました。

一人で抱え込まず、誰かに(できれば専門家に)相談してみることが解決への第一歩です。

お部屋探しでお困りのことがあれば、一度エース不動産へご相談ください。

この記事を書いた人

後藤

業界歴 9年

不動産業界歴9年で保証会社での勤務経験もあるため、保証会社の特徴や特性は熟知しています。 また、ニュージーランドに4年住んでいたので英語での対応もお任せください。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)


無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧

 



⇩ご来店/お電話の予約はこちらから
ご予約受付カレンダー





エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ