ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  遠方の方必見!ネットで賃貸の審査や契約まで完結できる不動産探し

遠方の方必見!ネットで賃貸の審査や契約まで完結できる不動産探し
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2023/11/05 14:46

遠方に引っ越したいけど、オンラインで契約まで済ませたい!スマホ1台で審査~契約まで完結する方法


(この記事は、約4分で読めます)



  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. オンラインで不動産の契約まで行うことは可能
 1.1 LINEなどでチャットで相談
 1.2 内見
 1.3 重要事項説明(IT重説)やオンライン契約

2. オンラインで相談する際の注意点
    2.1 条件や要望が多い場合
    2.2 初期費用の分割を申し出る場合
    2.3 現地を見ずに契約するリスク
    2.4 チャットだけではうまく伝わらないことも

3. 最低でも周辺環境は調べておいたほうがよい

4. まとめ 








1. オンラインで不動産の契約まで行うことは可能


遠方にお住まいの方の場合、物件探しから引っ越しを行うのはかなり大変な作業になります。
実際に物件を見に行くとしても、交通費だけでばかになりません。

最近では、特にコロナ以降オンラインで相談ができる仕組みが多くの不動産会社で整ってきました。

✓LINEなどでチャットで相談

弊社エース不動産も、サイトからLINEの登録は可能になっていますが、
LINEで相談できる不動産会社が増えてきました。

実際に不動産屋に足を運ばなくても、チャットで相談や物件紹介をしてくれるところが多いです。

また、これまで手書きで書いていた物件の申込書も、チャットで必要事項を送る+必要書類の写真だけで申込みも可能になっています。


内見

スタッフが現地でビデオチャットを通して内見できたり、専用のアプリで室内を内見できます。
「スマート内見」と呼ばれたりします。

自宅などお好みの場所から物件の映像を見たり、不動産会社スタッフと会話したりして、
実際に現地を訪れるのに近い感覚で内見を行うことができます。



✓重要事項説明(IT重説)やオンライン契約
最近法改正がされ、重要事項説明(契約前に宅建士の資格を持った人が行う、契約内容の説明)や契約が
完全オンラインで完結できるようになりました。

契約書類も紙である必要はなくなり、電子契約も可という制度に変わりました。




2. オンラインで相談する際の注意点



✓条件や要望が多い場合

物件にいろいろ条件を付けて探したい場合、オンラインやチャットだと逆に非効率なことがあります。
営業マンも、条件を聞いて物件を探し、物件を送るという手間がかかります。これでもない、あれでもないというやりとりをチャットで行うと非効率この上ありません。

あれこれ条件を求めるなら、いっそ一日休みを取って実際に現地の不動産屋に足を運んで対面で物件探すほうが近道、ということもあります。

    

初期費用の分割を申し出る場合

これが一番の注意点かも知れません。
手元にお金があまりない場合、初期費用の分割に応じてくれる不動産屋もあります。
(弊社もケースバイケースで応じています。)

ただ、一度もご来店しないお客様に対しては、分割払いに応じてもらえないところが多いです。

分割払いとは、本来は一括で支払ってもらうものを、特別サービスとして分割払いにしているわけです。(買い物でいうクレジット払いのようなもの)

つまり、分割払いは信用できるお客様に対してのみのサービスであり、完全オンラインだけの対応だとその判断が難しいからです。

もし分割払いを申し出るのであれば、少なくとも一回は店頭に足を運んだほうがよいでしょう。


現地を見ずに契約するリスク
オンライン内見で見せてもらえるのは主に室内です。

共用部や周辺環境、近隣の様子などはやはり確認できないことが多いので、実際に引っ越してみたら想像と違ったという可能性は十分あり得ます。


チャットだけではうまく伝わらないことも
チャットだけになってしまうと、腰を据えて対面で接客するわけではないので、対応が飛び飛びの空き時間になってしまったり、文面ではニュアンスや言いたいことがうまく伝わらないこともあります。
遠方で店に行けないとしても、せめてビデオ通話で接客してもらうようにしましょう。



3. 最低でも周辺環境は調べておいたほうがよい



現地を一度も見ずに契約するのであれば、せめてネット情報だけでも周辺環境を調べておきましょう。
上でも述べたように、室内をオンラインで内見しただけでは周辺環境まではわかりません。

例えば、

・スーパー
・学校
・公園
・コンビニ
・病院
・駅からの物件までのルート

などGoogle Mapやネットの記事に目を通しておくと、
生活イメージが付きやすく、想像と違っていた…という状況を未然に防ぐことができます。


4. まとめ


ネット環境の充実により、不動産探しもオンラインで便利になりました。
その反面、それに頼りすぎると裏目に出てしまうことも多いので、
必要に応じて通話時間を設けたり自分で現地周辺の環境を調べたりすることも重要です。

弊社の店舗は東京にありますが、遠方の方もご相談お待ちしています。

 

この記事を書いた人

後藤

業界歴 9年

不動産業界歴9年で保証会社での勤務経験もあるため、保証会社の特徴や特性は熟知しています。 また、ニュージーランドに4年住んでいたので英語での対応もお任せください。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)


無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧

 







エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ