ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  引越し 時期のおすすめはいつが良い?物件が多い時期はいつ?

引越し 時期のおすすめはいつが良い?物件が多い時期はいつ?
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2022/08/27 16:28

東京都内であれば物件は常に多くあり、必ず優良物件は見つかります。物件は常に入れ替わっており、新築完成時期は優良物件が増えます。

(この記事は、約5分で読めます)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1. 引越し時期の狙い目は?
    1.1 今住んでいる所の解約予告
    1.2 新しいお部屋の入居のタイミング
    1.3 年間の物件の動き

2. 物件が多い時期はあるの?

3. 新築が建つタイミングは?

4. 滞納退去や審査に不安な方は

5. まとめ





1. 引越し時期の狙い目は?




今回は、よくお問い合わせをいただく質問にお答えいたします。

引越し時期や物件はいつが多いの?というご質問を多く頂きます。

まず、引越し時期の狙い目はあるのかどうかです。

正直、狙い目はありません。
理由としては、東京都内であれば常に物件は動いている為です。

例えば、マンションの総戸数が29戸あったとします。
この29世帯は、いつどのタイミングで退去するかと考えたときに同じタイミングで退去はしません。

その為、マンションやアパートが複数建っている地域で、お探しの条件に該当する物件は年間通して常に募集があると言えます。

✓今住んでいる所の解約予告

探し方のポイントとして重要なのは、今住んでいらっしゃる所の解約予告の確認をしましょう。

実家にお住まいであれば、好きなタイミングでお引越しが出来ます。

しかし、ご自身の名義で契約しているマンションやアパートに住んでいれば、解約予告というものがあります。

これは、現在契約している契約書内に記載があります。

一般的に多いのは、1ケ月前予告ですが、なかには2ケ月前という物件も存在します。

まずは、契約書を確認して解約はいつなのかを確認しましょう。


✓新しいお部屋の入居のタイミング

引越し先を決める流れとして、まずは物件の確定です。

確定後に申込手続きをします。


申込とは、指定の書式にお名前・現住所・勤務先情報・緊急連絡先
情報の記入やWEB上で入力をする、併せて身分証明書や収入証明書を提出する作業です。


ここが重要なポイントとなりますのでおさえておきましょう。

一番多いのは、申込から2週間後に家賃が発生するという流れです。


その為、申込するタイミングや物件を探すタイミングを合わせる事。

ここが重要となります。


なぜなら、今募集があるものは期間が空けばすぐになくなってしまいます。

審査に不安だから早めに探すという方もいらっしゃいますが、今ある物件は時期をずらせばなくなります。


申込するタイミングが出来たら、今なくても最新で別の物件が出てきます。

焦らず、タイミングを合わせる事が必要と言えます。

また、申込をしたのは良いが、入居日は延ばせないとなれば、家賃がかかってくるからです。


今住んでいる所の家賃と新しいお部屋の家賃が被ってしまうため、
家賃の支払いが二重になってしまっても問題なければ、お好きなタイミングでお部屋を決めても問題ないです。


もし、二重払いが嫌だという場合に関しては、現住居の解約を先に出す事
をお勧めいたします。

特に解約予告が2ケ月前の方に関しては、先に解約しても2ヶ月間の猶予期間があります。

解約日の3週間くらい前にお探しし、決めればタイミングは良いと思います。



✓年間の物件の動き

年間を通して物件は常に動いております。

よく1月から3月の繁忙期だけが物件が動いており、他はそんなに動かないでしょ?なんて言われます。


これは大きな間違いです。

常に転職や転勤、東京都内から東京都内へ、更新や手狭、独立や同棲解消等の理由で都内の物件の動きは非常に多いです。


では、年間を通して、どんな動きになっているかを簡単にお伝えいたします。

1月から4月までは、新社会人・新入学生が入ってきます。
1月から3月まではご存じだった方も多いと思います。
4月に関しては、大学に通い始めてから決めるという方もまだまだ多い時期
なんです。

ちなみに、上にお兄さんやお姉さんがいらっしゃる親御様は繁忙期を経験済。

繁忙期の状況としては、遅ければ遅いほど物件がなくなります。

皆さん同じ条件で探す方が多いためです。例えば、大学近くで、バストイレ別で検索をかけると12月・1月はまだあります。

 

2月・3月になるとほぼなくなる状態になります。

要望通りの物件がなくなるのを経験している親御さんは、空家賃を支払って
でも物件確保する方も多い時期です。

また、勘違いされている方も多いので注意点があり、2月や3月に部屋は空くんでしょ?なんてこともよく言われます。

答えとしては、確かに空きます。

しかし3月末までに入居したいという方が多い中、その要望通りにはいきません。

なぜかと言うと、退去した物件は退去後に内装クリーニングが入ります。

内装クリーニング業者も同様に繁忙期となり、手が回らない時期です。

内装アップ未定の物件が多いので、空室にはなっているが入居出来ない物件が複数存在します。その点ご注意下さい。

5・6月に関しては、地方から転勤で入ってくる方が多いです。

7・8月に関しては、夏休みという事もあり、単身以外でファミリー層も動く時期となっております。

9・10月も5・6月と同様に人事異動で転勤の方が多い時期のイメージです。

会社により転勤の時期も違いますが、10月は毎年特に多く感じられます。

11・12月は年内に引っ越しをして、新年は新居で新しい年を迎えたいという方が多くいらっしゃいます。

このような動きで、都内のマンションやアパートは常に動いております。

タワーマンションにお住まいの方は、同じタワー内で移動される方も多く物件はすぐに決まってしまいます。





2. 物件が多い時期はあるの?



この質問がご来店頂き、接客時に一番多いです。

東京都内であれば、常に入れ替わりがあるので、この時期は多いですという回答は出来ません。

あえて言うのであれば、それは新築が建つタイミングです。

1月から3月の繁忙期に向けて新築を建てる事が多いです。
理由としては、年間通して一番の繁忙期であり入居者が増える時期だからです。


その時期に新築で募集をかけると、すぐに決まる事が多いからです。

ただし、注意点が2つ

・入居を3月末までにしたい方は、完成時期を見落とさないでください。
完成が3月中旬となっている物件は出来れば避けましょう。

なぜなら、雨や何かしらの事情で工事が延期になり完成が遅れてしまうなんてこともあり得ます。

せっかく決めたのに、完成がずれ込み入居のタイミングが遅れてしまうとなると、地方から出てくる方や現住居の退去が決まっている方は、家がなくなってしまいます。


・新築は完成前に全部屋申込みが入り、募集がなくなるケースが多いです。

建築中は内見も出来ず、室内の写真がない場合も多いです。
未内見で契約しないといけない場合も多いので、最低限設備と立地は確認すること忘れないでください。

 

 

3. 新築が建つタイミングは?



先ほども話してしまいましたが、1月から3月は新築が一番多く建ちます。

ただし、この時期以外でも年中新築工事は行っております。


毎月、新築は建っていますが、ご自身の探しているエリアや予算でヒット
するかは別問題となります。

 

 

審査突破のコツをYouTubeで解説

審査に落ちる確率を大公開!



4. 滞納退去や審査に不安な方は


 

弊社の強みでもある、審査や保証会社に通りづらい方のお問い合わせが多いので、お話しさせて頂きます。


今までは仕事をしていたが、コロナの影響で収入が減ってしまった。
仕事がなくなってしまったという方も多くいらっしゃいます。



収入が減り、今まで通り家賃の支払いが出来なくなり、家賃を2ケ月滞納してしまい強制退去となって引越しをしないといけない方が増えました。



そういった方は、すぐに新居を探しましょう。



滞納退去で新居を探すのは、審査が通りづらいです。
どこの保証会社で滞納してしまったのかをしっかり把握し、審査や保証会社へ詳しい不動産屋へ足を運んで下さい。一般的な不動産屋へ足を運んでも遠回りです。



理由としては、保証会社に詳しくない、要するに審査に詳しくないので、物件のご紹介は出来ても、審査が通る・通らないは別問題です。審査に通らなければ引越しは出来ません。



また、滞納退去で審査に厳しいのに、更に審査に落ちてしまうと、次に決める物件の審査にも影響があります。



まずは、詳しい不動産屋さんとしっかり相談して、審査に通過する物件選びが最も重要な行動です。

審査に不安な方も多いと思いますが、その理由は人それぞれです。



仕事柄なのか、収入的なのか、初期費用の問題なのか、家賃滞納や信販系NG等、他にも多数理由はあります。



そのあたりは下記ブログを参考にしてください。


 

5. まとめ


引越し時期や物件が多い時期というのは、特にありません。

それぞれの方にあったタイミングでお探しする事が重要です。


どのタイミングか分からない方は、弊社でもサポート出来ますので、
お電話・メール・LINEにてお問合せ下さいませ。

事前に現住居の契約書をご確認頂き、解約予告は1ケ月前なのか。2ケ月前なのかは把握してきましょう。


また、更新のタイミングでお引越しされる方も多いです。

いつまでに更新しない旨を管理会社へ伝えるのかも覚えておきましょう。

審査に不安、保証会社に通らない、保証人がいない、いかなる理由でも物件は見つかります。


我々エース不動産はそういった要望に数多く応えてきました。

物件は年間通してなくなることはありませんので、焦らずに審査や保証会社へ詳しい不動産屋としっかりお話しして段取りを組みましょう。


この記事を書いた人

後藤

業界歴 9年

不動産業界歴9年で保証会社での勤務経験もあるため、保証会社の特徴や特性は熟知しています。 また、ニュージーランドに4年住んでいたので英語での対応もお任せください。
プライベートではお酒を飲むのが大好きで、トレーニング成果も夜の会食で行ってこい状態。



↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加

  このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

ページの上部へ