ホーム  >  BLOG  >  保証人、保証会社でお困りの方必読情報  >  【動画で解説】フリーランス・個人事業主でも入居審査が通る方法

【動画で解説】フリーランス・個人事業主でも入居審査が通る方法
カテゴリ:保証人、保証会社でお困りの方必読情報  / 投稿日付:2021/07/31 15:04

業界のプロが解説!審査の通りにくいフリーランス・個人事業主でも入居審査が通る方法




意外と入居審査が通りにくい個人事業主やフリーランス今回の動画では審査の抜け道を解説しています。


この動画の要約

◆「審査が通る物件の探し方」3つのポイント

1. 保証会社に加入しない物件を選ぶ
2. 審査が緩い物件を探してもらう
3. 大家さんから直接借りる

◆「審査通過率を上げる方法」3つのポイント
1. 確定申告書を提出する
2. 修正申告をする
3. 業務委託契約書を提出する


個人事業主、フリーランスは一般的に入居審査に通りづらいです。

収入は月々の売上に左右され、会社のように働いていれば必ず毎月一定のお金が入ってくることがないため収入が不安定な職業と捉えられるからです。

また、フリーランスの人は、税金対策のため実際の収入より低めに年間収入を申告する方が多いです。


そしてさらに、確定申告をしていない人も中にはいます。
確定申告なし=無収入=無職という扱いになります。


その場合は確率論でいうとその審査通過率は2-3%程度です。

だから、まともに審査をしてもほぼ審査に落ちます。

そこで今回の動画では、そういった場合でも賃貸の入居審査に通る方法をご紹介しています。



「審査が通る物件の探し方」3つのポイント


1. 保証会社に加入しない物件を選ぶ

 
収入審査・属性審査は保証会社が行います。

 

そこで保証会社の審査を受けなくてもいいようにするには、そもそも保証会社に加入しないでいいよという物件を選べばいいのです。

そういう物件はあることにはあるのですが、数は少ないです。
保証会社へ加入しないでもいい物件は、割合として、都内の物件の1%にも満たないです。

だから、100部屋あっても1部屋ない割合です。

保証会社の加入が必須かどうかは、ネットの情報欄にも書いてあることはありますが、そもそも保証会社不要物件がめずらしいため、自分一人で探すのは骨の折れる作業です。

スムーズに物件を探したいのであれば、専門の不動産会社に相談するのが一番の近道です。



2. 審査が緩い物件を探してもらう

審査が緩い物件というのは「保証会社」と「管理会社」と「大家さん」が審査が甘い物件のことです。

ちなみに、普通の人が、インターネットにある物件情報でこれを見つけるのは至難の業です。
なぜならネットの情報欄には「保証会社」と「管理会社」と「大家さん」の情報が書いてないからです。

例えば、有名な不動産ポータルサイトのHOME'Sの物件情報の一例を見てみましょう。
管理会社や保証会社の名前くらいは載っていることもありますが、どういう審査基準(職業、収入、年齢制限、人柄など)で審査をされるかは完全に非公開です。





なので、審査が緩い物件をピンポイントで探す方法は、
 ①審査に強い不動産会社のHPに掲載されている物件情報を見る
 ②その会社に直接物件探しを依頼する

がベストです。


ちなみに、不動産屋さんのHPに掲載されている物件はごくわずかです。
自分の希望するエリアの物件情報がなければ、直接連絡して聞いてみましょう。



3. 大家さんから直接借りる

少し裏技的な探しですが、大家さんが直接入居者を募集しているサイトで物件を探す方法があります。

その中でも最大手は「ジモティー」というサイトです。
ざっくりいうと、掲示板のWEBバージョンです。


↓ジモティーの不動産ページ




不動産カテゴリに大家さんが物件情報を提供することで大家さんから直接借りれる物件情報が拡大していきました。


ただし、ジモティーにある物件がすべて大家さん直接の物件というわけではありません。
むしろ、SUUMOやAT HOMEのように、不動産会社が広告として掲載しているケースのほうが多かったりするので注意しましょう。




◆「審査が通る物件の探し方」3つのポイント


1. 確定申告書を提出する

個人事業主、フリーランスが賃貸審査をかけるには確定申告書が必須です。
ないと審査にすらかけることができません。

もし未申告であれば、すぐに前年度の収入申告をしましょう。
税務署にいけば、窓口の人が丁寧に教えてくれます。



2. 修正申告をする

こちらの方法は、確定申告はすでに完了しているが、収入を低くしすぎている場合の対処方法です。
一度確定申告した内容は修正して再申告することができます。これを修正申告といいます。

修正申告の方法は、税務署に行って修正申告をしたいといえば、窓口の人が
修正申告書類をもってきてくれます。
収入金額を上げて申請しなおしましょう。


ただし、収入額を増やせば、払うべき税金も増えます。

収入額を大きくして修正申告すれば、増えた分の税金を追加で支払う必要があるというデメリットがあります。

これの回避方法は弊社ブログに記載されているため、以下のブログでご紹介しています。



3. 業務委託契約書を提出する

法人と業務提携している場合、業務委託契約書を審査時に提出すると有利になることが多いです。

企業から仕事を請け負うとき、一般的には業務委託契約を書面で交わします。

業務委託契約は、期間中は一定の報酬が保証されているため、
正社員でいうところの雇用契約書と同等の効力があります。

なので、審査時にこれを提出すれば、確定申告書がなくても審査が通る可能性が大幅に上がります。


もし業務委託契約をしていないで口頭で約束した仕事をしている場合は、業務委託契約をする手間が発生します。

ですが契約書はネットでひな型があるため、それを使えば素人でも簡単に作れます。


まとめ


お部屋を借りるための最短ルートは、専門会社に相談することです。

私たちエース不動産は、審査が厳しい人でもお部屋が借りられるノウハウを蓄積してきました。お部屋探しでお困りであれば、いつでもご相談ください。






↓LINEからお気軽にご連絡ください↓ 友だち追加



   このエントリーをはてなブックマークに追加
(SNSでフォローorシェアをして備忘録を残しておいてください。)





無職の方でも借りれるエース不動産管理物件はこちら↴
※公開物件はほんの一部です。
(会員登録は無料です)

審査なし物件一覧


エース不動産ができること。

エース不動産は、「保証会社不要」で常に上位表示。
だから、選ばれる。




ページの上部へ